ジギング | かめや釣具

かめや釣具

ジギング〔青物狙い〕

ジグと呼ばれるルアーを海底まで落とし、竿をシャックってジグを動かし魚を誘って釣る釣りです。瀬戸内海では、もっとも強い引きの鰤系青物がターゲットとなります。ワカナ40cm台、ヤズ50cm台、ハマチ60cm台、メジ70cm台、鰤80cm以上です。鰆もターゲットとなります。

スピニングリールとベイトリールではどちらも一長一短がありますので、自身の釣りスタイルに合うタックルで選ばれると良いでしょう。スピニングリールはちょい投などオールマイティに対応できますが、体、特に腕力に掛かる負担が大きくなります。ベイトリールはバックラッシュや巻取cmで不利な面もありますが、着底がわかりやすい、背筋を使うのでスピニングリールに比べて疲れにくいといわれています。

ラインは瀬の釣りの場合、強引にこちらを向かせるのでPE3号が良いです。大物がヒットして、瀬を越えられなければ瀬ズレでラインブレイクすることもあります。釣れているサイズが大きい情報があれば強めのセッティングのほうが獲れる確率は高くなります。

ジグのカラーはシルバー系〔フルシルバー、ピンクシルバー、ブルーシルバー〕の実績が高いです。カラーで悩むより、ショートジグ、セミロングなど形状や重さでセレクトするのが無難です。

開始前にドラグの設定をしっかりとしておきましょう。ゆるゆるのままだとアワセが効きません。

水深は30~80m程度のポイントで、潮の流れが激流となるポイントにも入りますので、底取りの出来る重さのジグが無いと、潮にラインが押されて着底がわからずジグのロストに繋がります。底がわからなければジグを重くしていきます。

アクションはハイピッチショートジャークが基本ですが、スローアクションやステイを入れることでヒットすることも多いので、組み合わせながらその日のヒットパターンを探していきます。ヒットした方のジグやアクションを観察して真似ることで、その日のヒットに近づきます。

待望のアタリがあれば一度だけ強くアワせてやり取りを開始します。何度もアワセを入れると傷口が拡がりバラシの原因になります。アワセを忘れると鈎が貫通せずバラシに繋がりやすくなります。

やり取りの最中は、リール部分の元竿と海面が平行の状態〔ラインとロッドの角度が90度〕を維持しておけば魚にプレッシャーを掛けれるのとテンション抜けによるバラシを防げます。ポンピングをするとテンション抜けでバラシが増えますので避けるのが無難です。バラすと魚が警戒して釣りづらくなります。

大物の気配があれば船長にタモのお願いをして掬ってもらいましょう。無理に抜くとロッドの角度が鋭角になり、破損に繋がる場合もあります。

鈎を外すときは必ずプライヤーを使います。手で外していて魚が暴れて、鈎が手に返しまで刺さると病院での対応となります。

 

ロッド

6ft前後のジギングロッド

リール

PE3号が200m以上巻けるリール
シマノ6000~8000、ダイワ4000~6000です

ルアー

青物用ジグ100~200g 10個程度必要です。

フック

青物用アシストフック #3/0
ジグにフトコロが噛まないもの

ライン

PE2~3号、スロージギングは細い方が良いです。

リーダー

フロロ40~60lb

その他

昼食、飲物、タオル、大型クーラー、プライヤー、酔い止め

Scroll Up