【出雲店 荒磯ヒラスズキ釣行 桁掛半島へ・・】 - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 山陰エリア/ブログ > 出雲店/ブログ > 【出雲店 荒磯ヒラスズキ釣行 桁掛半島へ・・】

【出雲店 荒磯ヒラスズキ釣行 桁掛半島へ・・】

2016年04月12日

出雲店

ども出雲店の高橋です

 

休日で時化・・・

 

もちろん荒磯へと繰り出して参りましたw

 

友人である先輩が「連れてけ!」を連発していたので

 

ハードな桁掛半島を選びましたw

 

宇竜について先輩のタックルをみるとエギングタックルが・・

 

「何釣るつもりですか?」と聞くと

 

「なんも釣れんかったらアオリ釣る!!」と自信満々

 

「いや、この時化では無理です」と私は爆笑

 

30分以上歩き、途中暗さでちょっと道に迷いながらw

 

「大平」に到着!

 

到着後、先輩はメタルジグをサラシにキャスト

 

そしていきなり掛ける

 

惜しくもバレてしまいましたが、間違いなくヒラスズキ!

 

いきなりメタルジグをサラシにぶち込む先輩・・偉大ですw

 

私にもアタリがありましたが、乗せきれず・・

 

 

しばらくすると先輩がヒットコール

 

 

 

60cm弱の本命ヒラスズキをゲットしてました

(注 私が魚を持っていますが、釣ったのは先輩ですからw)

 

ヒットルアーはなんとオリジナルの「WAVER58S」

 

ヒラスズキでも効果抜群ですね

 

そしてタックルはエギングロッドという・・

 

あの時化の中エギングロッドを選択する先輩は偉大ですw

 

スイッチの入った私は移動を決意!

裏側の「水尻」、「穴の口」、「なかばさん」・・・

 

しかし、一向に当たりなし灯台沖では強烈な鳥山が立っているのに・・・

 

折れそうな心を奮い立たせ、もう一度大平から攻めることに

 

攻め残しは嫌なので、猛烈に時化ている先端部「地の鯨瀬」へ・・

 

しかし、ここでもヒラスズキの反応なし

 

あきらめ半分で沖へ向かってルアーをキャストしていると・・・

 

「ドスというアタリ&ヒット

 

なかなかの重量感でロッドを引き絞るので、「ランカーか?」と期待しましたが

 

一向にエラ洗いをしないので、ここで他魚を確信

 

マダイ・・にしては走らず、ヒラマサのように瀬に走りもせず

 

予感は的中でしばらくしてサラシから浮かしてきたのは「マルゴ」

 

しかし、ここからが長かったのです・・

 

ここはほとんど段差の無い傾斜の急な磯・・

 

幾度となく波に合わせてズリ挙げようとしましたが、失敗し

 

引き波に飲まれていくマルゴ・・・

 

タモ・ギャフなし、先輩は遥か遠くで全く気付かず・・

 

ルアーは下顎にバッチリ掛かっており、魚もグロッキーなので

 

ラインを緩めてもバレもせず・・w途中ホントにバレてくれと思ってましたw

 

5分以上幾度となく失敗を繰り返し、もう腕力も限界に

 

ここで私、覚悟を決めました

 

ロッド破損の覚悟で私の足場までブリあげようとw

 

一番大きい波を待ち、いざ勝負

 

「どりゃぁぁぁぁぁぁ~!!」

 

火事場の馬鹿力ですかね・・水面から3mくらいの足場に魚が来ました

 

 

 

ドーーーーーーーーーーーン!

 

 

ショアからの自己記録です!

 

85cm、5.3kgでした

 

両方のトリプルフックがバッチリ掛かってました

 

フックはラパラの「VMCフック」に換装してたので

 

多少の伸びで済みましたね

清水の舞台から飛び降りて購入したロッド

 

「モアザン ブランジーノ110H」

 

掛かった獲物は柔軟にいなす、磯竿感覚でやり取りできました

 

超強引な抜きあげでも破損しませんでしたしwオススメです!!

 

しかし、帰りは地獄でして・・・

 

とにかく重い・・

小休憩w

 

とにかく魚を持っている手がキツくて、「プルプル状態」にw

 

魚運搬用のバックパック購入を決意しましたw

 

 

桁掛半島は確かに遠くキツイ道のりですが、やはりドラマが待ってます

 

青物、ヒラスズキ狙いの皆様、ご釣行してみてはいかがでしょうか?

 

詳しくは出雲店スタッフまで!!