ダイワさんの新製品がすごくきになる~ - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 北九州エリア/ブログ > 長崎時津店/ブログ > ダイワさんの新製品がすごくきになる~

ダイワさんの新製品がすごくきになる~

2018年08月30日

長崎時津店

こんにちは、時津店スタッフ 橋本です。

先日、久しぶりに沖磯に行って来ましたが・・日中は、まだまだ暑いですね。。

佐賀県の最西端 沖にある馬渡島(まだらしま)デビューでしたが、期待した大物の一発は、残念ながら・・不発でした(T_T)

ポテンシャルは、かなり高い磯なので秋磯以降のシーズンにまたチャレンジしたいと思います!

さて、その磯釣りシーズンを前に各メーカーからぞくぞく新製品が目白押しですよ!!(^^)!

今回、ご紹介するのは、ダイワさんです。^^

お待たせしました! やっと ダイワさんのカタログが届きました。↑

今回は、トーナメントのロッドとリールがNEW トーナメントとして「その真価、体感せよ。」

をうたい文句に真価(進化)するみたいですよ。

まず、リールのNEW TOURNAMENT ISO LBDには、異次元のパワーとレスポンス。すべてが従来を凌駕する新世代ブレーキ「BITURBO(バイターボ)」搭載。

なんと・・ブレーキ効率 2倍!! チタンディスクがレバーブレーキの常識を変える!

レバーを握りしめた瞬間、’ジャッ!’という軽やかな摩擦音とともに逆転を止め、力強い引きにも微動だにせず止めきることが可能。

軽い力でガッチリ効く、その異次元のフィーリングを体感せよ!

 

次にロッドのNEW TOURNAMENTO ISO AGS REAR FORCE

こちらは、粘靱ブランクスがさらに胴へ。「胴を極める」がうたい文句。

ダイワ独自の設計技術ESSによって完成した『粘靱ブランクス』を採り入れ、ロッド全体を曲げることで比類なき粘りを

発揮する現行「TOURNAMENTO ISO AGS」をさらに曲がりを手元まで下ろしたアイテムが加わる事になる。

REAR FORCEは、さらに元部へ曲がりを入れる事により、手元付近からパワーが絞り出させるバランス設計。

曲がった状態を保持することで一定の負荷を掛け続け、魚に反撃の隙を与えない。

全体を使いきり、『曲がり』を粘りに換える。

竿のパワーと粘りが魚を走らせずに弱らせる。

曲がりを手元で捉え、巧みに操る。

※オリジナル・モデルとの違いは、負荷を受けたブランクスの曲がりが、より早く手元近くまで移動するところである。

 

・曲がりの支点を手元よりやや上部に持ってきているオリジナル・モデルは、寄せ・浮かせともにスピーディーに行うことを目的とし、

竿を立て気味に使うことで竿の弾力を生かすことができる。

 

・一方、「REAR FOUCE」は、曲がりの支点を元竿に近づけることで、魚の動きをより手元近くで感じ取ることができ、更に相手が

突っ込んでくる際でもこちらから竿を起こす事ができる。また、竿の持つ復元力は、径が太くなる程高い。

つまり、径の太い元竿まで曲げ込むということは、それだけ竿の復元力が上がり、魚へのプレッシャーとなって体力を奪うことができる。

その特性を生かして常に♯4(元上節)~♯5(元節)を曲げ込んで魚とのやり取りを行い、磯際でのやり取りの際は、竿とラインの角度が

常に90°前後になるようイメージしてその状態で竿が復元力で起き上がってくる分だけ、ラインを巻いて竿のパワー、すなわち

復元力を最大限発揮している状態を常に維持してやり取りすることが『REAR FORCE』のポテンシャルを活かすやり取りということである。

 

オリジナル・モデルのトーナメントは、現在 自分のメイン・ロッドなんで魚を掛けた時の竿の弾力が凄く気にいっています。

自身の勝手な印象なんですが・・現行モデルは、遠投や本流釣りして40オーバーのクロや真鯛などの大物を掛けても寄せ・浮かせともスピーディーに

安心して取り込むことができます。ただ、細ハリス使用時には、ロッドの弾力がやや強すぎてたまに足元でのやり取りで鈎ハズレやチモトに負担がかかるのが少し気になってました。

それを解消してくれそうなのが、今回のNEWロッドでは、ないでしょうか?1.25号-53を使いたいところですが、あえて1.5号-53でブランクスの弾力・曲がりを

細ハリスで体感したいな~と考えてます。

みなさんもぜひ、ぜひトーナメント比較をしてみてください。

 

 

長崎時津店 橋本でした。