[デュエル&ヤマシタ新製品エギ入荷!] - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 北九州エリア/ブログ > 福岡原店/ブログ > [デュエル&ヤマシタ新製品エギ入荷!]

[デュエル&ヤマシタ新製品エギ入荷!]

2018年07月20日

福岡原店

原のルアー番長兼エギ番長より入荷商品のお知らせです!

「デュエル EZ-Q
ダートマスターラトル2.5号」

 


軽快ダートはそのままに「波動」「色」「音」で
高活性のイカに、トリプルアピール!

*アピール①パタパタフットライト:釣れる波動を継承しながら、紫外線発光の
カラーでもイカにアピール。
*アピール②全20色のカラー:EZ-Qシリーズ史上、最強アピールの色と柄。

*アピール③エビ音:エビが尾を曲げ、逃げる際に水中に響くサウンドを再現。
水中における音は空気中の約4.4倍。だからアピール抜群。

*一目でわかるボディカラー表示
*ウェーブモーションライトボディ
*リアルフォルム
*トリックフック ケイムラ仕様
*「スナッグレス」シンカー

 

 

「ヤマシタ エギ王K2.5号」

 

 

高まるプレッシャーとスレイカの増加

年々増え続けるエギンガー。高まるプレッシャー。エギングブームの到来により、
フィールドでは思うような釣果が得られないことが多くなりました。
エギに反応するものの抱ききらないイカ、エギに反応すらしないイカ……、
エキスパートでさえ手こずる状況が増えています。

   

最適な「フォール」と「ダートアクション」

「エギ王 K」は、どんなにタフハイプレッシャーなコンディションでも
釣果を出せるよう「低活性イカ攻略モデル」として開発されたエギです。
①風や波など外的要因による影響を最小限にとどめ、安定した乗せのフォールと、
②必要以上にダートしすぎないダートアクションを実現し、
限りなく低活性なイカの好むアクションに仕上げました。

 

低活性時に釣れない原因1 「ブレるフォール」

フォール中の上下左右へのブレを極度に嫌う、低活性なアオリイカ。
エギ王 Kが目指したのは、あらゆるコンディションで真価を発揮する
安定したフォールです。そして、それを実現するために開発・装着されたのが
「ハイドロフィン」。このベリー後方にある透明の突起が、
船でいう舵のような役割を果たし、フォール時の「ブレ」を徹底的に排除します。
風や波がない状況はもちろん、強風・高波でラインが流されるような日でも、
海の中では、エギ王 Kが静かに、どこまでも真っすぐ沈んでいきます。

   

低活性時に釣れない原因2 「大きすぎるアクション」

もうひとつ、低活性なアオリイカが嫌うのが、大きすぎる左右への
ダートアクションです。警戒心の高まったイカは、必要以上に大きなアクションの
エギを避けることがほとんどです。エギ王 Kは、左右にそれほど大きくダートせず、
イカに不必要に警戒心を抱かせません。また、上下方向に対するアクションは、
イカのいるレンジを外れないレンジキープキープ力の高いアクション設定により、
低活性なイカでもエギを追従しやすい状況を作り出しています。

 

スムーズなフォールにも貢献

「ケイムラアイ」と「490グローエッジ」のW発光でワンポイントアピール。
さらにボディと目玉の段差をなくし、抵抗を軽減することでスムーズなフォールを実現。

 

ハイドロボディ

エギ王 Kは、ベリーの前方、ちょうどシンカーの辺りには大きなフラット面が作られ、
ベリーの中間から後方にかけてはハイドロフィンに向かって
一気にボディが絞られていきます。エギ本体のブレを軽減し、効率良く水を受け流し、
エギにより安定感のあるフォール、スムーズなダートアクションを実現します。

   

ハイドロシンカー

幅広で、かつ水を切り裂く形状に設計することで、低活性なイカに効果的な
極めて直進安定性の高いフォールを実現しています。高いチューニング性も
エギ王 Kの特徴です。糸オモリを巻き付けたディープチューン、
穴を拡張させるシャローチューンも簡単。フォール速度の変化で
反応が変わることの多い低活性のイカにとても効果的です。

   

コンビファインフック

せっかくのバイト。状況が悪い中で訪れた、またとないチャンスを
逃すわけにはいきません。エギ王 Kは、それぞれ異なった開き角度を持つ
段差フックを装着しています。これは低活性のイカの繊細なバイトを
フッキングさせるための工夫。あらゆるタイプのアタリをより確実に
フッキングに持ち込むことができます。

 

 

 

エギングシーズンも一段落したところですが、まだまだ近郊のアオリイカが

ぼちぼち釣れております。サイズは1㎏弱といったところですが、

群れに当たると数釣り出来る様です。これからのシーズンは

3.5号以上のエギを遠投してビシバシしゃくってイカを手前に

寄せてから、ちょっと小さめのエギを投げるというやり方が

一般的になっておりますが、今日ご紹介したエギ達は

最初からこれを投げても釣れそうですね!

まだイカが見てない新製品をいち早くゲットされて、

試してみてはいかがでしょうか?

それではまた!原のルアー番長兼エギ番長でした!

 

 

←LINEの友だち登録も宜しくお願い致します。