筏カレイ爆発!「釣ごろつられごろ」取材in江田島湾! - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 広島エリア/ブログ > 総本店/ブログ > 筏カレイ爆発!「釣ごろつられごろ」取材in江田島湾!

筏カレイ爆発!「釣ごろつられごろ」取材in江田島湾!

2016年03月05日

総本店

 

 ここ最近、取材がらみが多いのですが、「筏カレイ」に行くことが多く、

嫁から「カレイはもういらん!肉を釣ってこい」と口癖のように言われる総本店・岡本です。

 さて、今回はなんと「釣りごろつられごろ」のTV取材で、またまた「筏カレイ」場所はこのところカレイが好調な「江田島湾」もちろん渡船はマルケン渡船です。

ときは3月4日(金)当日の潮は若潮、(満潮6時7分、干潮12時21分)

スタッフは総本店から、カレイの王子様こと清水副店長、カレイセンサーが頭に搭載されている山下さん、キングオブビギナー・多賀さんと私、商工センター店より口数は少ないけれど釣りウマ・宮田副店長、八木店の癒し系天然キャラのように見えて、じつは持ってる女・大谷さんの総勢6名。出船前にはスタッフの気持ちをひとつにするため、円陣を組んで手を重ねます。

6時30分、渡船に乗って出発。約10分で湾内沖側の筏に到着。2枚の筏に3名ずつ分かれて準備開始。スタッフが持ち込んだ竿は合計52本。

釣り方はもはや筏カレイの定番「カゴ釣り」

タックルは道糸PE1.5号、リーダー6号1m、L型天秤にアンドンカゴ(中目・大)オモリ20号、幹糸5号、エダス3号、赤のフェザーリング、カレイ専用11号~13号の2本針仕掛け。

マキエはこの釣りの要「カレイ用マキエ」しかも、今回はこれに濁りと集魚力をさらにアップさせるために「Bチヌ遠投」と「細びきさなぎ」をブレンドします。サシエは本虫と青虫。本虫は約3センチに切って針にセットした後、針先に2匹の青虫をチョン掛けにする「ミックス掛け」

約30分かけて全ての竿を筏際に投入。すぐに宮田さんが手のひら級と25㎝の本命を2連でヒットさせますが後が続きません。カレイは時合の釣り。いったんスイッチが入ると連発するのですが、この日は「若潮」とあって流れが散漫なためか、連発劇となりません。ポツリポツリと20㎝~25㎝を追加します。場面として盛り上がったのは私のカレイ天秤を使用した「ドンドン仕掛け」でヒットした

28㎝のダブルヒットぐらい。

結局、この筏では明確な時合はなく、だらだらと釣れる展開。11時までに18㎝~28㎝を18枚ゲットしてスタッフは移動を決意。

次に向かったエリアは岸よりの筏。トイレが併設された作業筏と身付きの筏がくっついており女性には嬉しいタイプ。

船長いわく「ここは干潮前後に実績が高く数がでるよー」とのこと。ちょうど移動のタイミングとしてはばっちり。

しかし、この移動は「カレイの神様」が降臨して「吉」と出ます。

まずは大谷さんがいきなり35.5㎝のビックマコと立て続けに28㎝の良型をゲット。続いて「こっちもきましたー」と多賀さん。

振り返ると32㎝、山下さんも23㎝と25㎝のダブルをほぼ同時に抜きあげます。さらに清水副店長も28㎝と23㎝の2連と勢いが止まりません。

その後もカレイ旋風は吹き荒れ、

怒涛のラッシュ。とくに清水副店長、山下さん、多賀さんの渡った筏は絶好調で、つねに笑いが絶えない展開。

ひとり蚊帳の外だった私も「なりふりかまっていられない」と「オアシス」にずうずうしくも移動。しかし、邪念が多いのか欲深いのか私には良型には縁がなく22,3㎝クラスばかりがヒットします。

結局、3時までに18㎝~35.5㎝のカレイを52枚キャッチして終了。前半はやや苦戦したものの、後半、盛り返し終わってみれば爆釣!改めて「江田島湾」のポテンシャルの高さを痛感した釣行でした。

さて、3月~4月は花見ガレイ・シーズン真っ最中。まさに最盛期です。

さあ、次の爆釣体験はあなたです。

当店では「筏カレイ」に精通するスタッフが多く在籍。仕掛けやエサ、釣り方のコツなど、ご質問はスタッフまでお気軽に。

じつは「釣れる秘密」がこの釣りにはあります。

今回の模様は2回にわたって放映予定。

3月12日(土)AM10:55~より、テレビ新広島にて

2回目は未定です。かめやスタッフのドタバタ爆釣劇をお楽しみに・・

TSSホームページ”釣りごろつられごろページ”へリンク

江田島湾ならこの渡船!

マルケン渡船・藤本船長

080-6326-5285

江田島市・中田港より出船

営業日・土日月(出船は船長に要相談)