アジのカゴ釣り釣行 - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

アジのカゴ釣り釣行

2016年02月24日

総本店

お久しぶりです~総本店の「まつばら」です!

仕事帰りに鹿島の宮の口へ、アジのカゴ釣りに行ってきました~(^-^)

その日は、満潮、21時11分の満月の大潮。(アジ・メバル釣りには鬼門といわれている潮回り)

現場には、22時30分に到着して、さっそく釣り開始。

仕掛は、道糸ナイロン2.5号に電気ウキカン付き6号、天秤付きのスミレカゴLLにナス型鉛2号をセット。仕掛はメバル7号、ハリス1号の2本針を使用。サシエサは冷凍シラウオ、マキエはアミエビとパン粉を混ぜたもの。

シラウオは口刺しや目刺しにする人が多いのですが、脳天のオレンジの部分に針を刺すと硬く、エサが外れにくいのでおすすめです。(^-^)

釣り開始から30分でマキエが効き始め、アジ・メバルから反応が・・。本命のアジも釣れて一安心・・・。

ここで私愛用の便利グッズを紹介!活きたアジやメバルをつかむとき、魚が滑って落下したことはないですか?このパイクならガッチリつかんで魚を逃がしません。手返し向上に一役買います。大変便利ですね~!かめや釣具各店には、カラフルでピンク・グリーン・ブルー・ホワイトと品揃えしておりますので、是非一度使ってみて下さい(^-^)

深夜、1時ごろ、それまで音戸方面でメバルを釣っていた岡本さんが登場。ルアーでまずまずのサイズが釣れたとか・・。

一緒に宮の口で頑張ってみたものの、潮位が引きすぎて魚の活性が急低下。アタリがないので、低潮位でも水深がある鹿島・瀬戸港へ移動を決意。

 

 3時10分、瀬戸港の小波止へ到着。ここでは釣り方をチェンジ、2人は胴突き仕掛で探ります。タックルは道糸PE0・4号、リーダー1・5号、中通しケミホタル、幹糸1・5号、エダス0・8号、メバル専用6号の2本針胴突きに底オモリ3号。エサはモエビ。しかし、北西風が強く2人の行く手を阻みます。結局、岡本さんが23㎝のカサゴをゲットしたぐらいで小型メバルがポツリポツリの展開。

 5時、ストップフィッシング、当日の釣果は、私が18㎝~20㎝のメバルを8匹、20㎝と23㎝のアジを2匹、岡本さんが16㎝~20㎝のメバルを14匹、23㎝のカサゴでした。

私の釣果

岡本さんの釣果

 やはり、潮は大切ですね~!今度は小潮回りの満潮前後を狙って釣行したいと思います。春間近とはいえ、まだまだ夜は寒いですので、防寒対策は万全にして釣行しましょう!

さて、今後、春の足音が近づくにつれ、メバルの釣果は上昇ムード。ちょうど黄砂現象が現れるころになるとメバルの活性は一気に上り調子。3月~4月は数、型ともに上向き最盛期を迎えます。