女子大生が大活躍!筏カレイ&チヌin江田島湾! - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 広島エリア/ブログ > 総本店/ブログ > 女子大生が大活躍!筏カレイ&チヌin江田島湾!

女子大生が大活躍!筏カレイ&チヌin江田島湾!

2016年02月18日

総本店

 ここ最近、「カレイ専用マキエ」の匂いがますます好きになっていく自分に気付き始めた総本店・岡本です。これって、最初はどうでもいいな・・と思っていた女性に対して、いつも一緒にいるうちに

「恋心を抱く感覚」と同じなのでしょうか。

 さて、今回はレジャーフィッシングの取材で、このところ、チヌとカレイが好調な江田島湾の筏に釣行。

内容は広島工業大学の女子大生に釣りを教えるというもの。

私はカレイ釣りの講師役で、お呼ばれです。

 ときは2月16日(火曜日)(満潮15時25分・干潮9時29分)早朝6時30分に江田島湾・中田港に集合。気温は激サブの0度。すでにチヌ・フカセ釣りの講師、山本さんと羽納さんは到着していました。なんでも学生さんは10時ごろ、港に到着するとか・・それまでの時間、講師は「学生用のお土産を釣ってください」とのこと。

 7時、筏に上がるとさっそく、足場用のコンパネをいつもより多く、念入りに敷きます。チヌ組とカレイ組に分かれて、2枚のカキ筏を使うのですが、ざっと数えて約40枚。

 早朝の時合を逃すまいとすでに仕掛がセットされたタックルをロッドケースから取り出します。使用ロッドは11本。釣り方は7本が

筏カレイではもはや定番の「カゴ釣り」、4本がノーマルの天秤仕掛。

 カゴ仕掛は道糸PE1・5号、リーダー6号1m、L型天秤にアンドンカゴ(中目・大)とオモリ20号をセット、幹糸8号、エダス5号、カレイ専用11号の2本針。サシエは本虫と青虫。これをミックス掛けで針に刺します。カゴにはこの釣りの主役ともいうべき、「カレイ専用マキエ」を詰めます。しかも今回は急激な冷え込みによる食い渋りを懸念して、

「活さなぎミンチ・激荒」をミックス。(じつはこれがめちゃ効くらしい)天秤仕掛は海草天秤20号にその他は一緒。

 同30分、釣り開始。やはりラッシュ到来!仕掛を投入した端から、竿先にアタリが連発します。次の竿をセットしていると、こっちの竿がググン・・と竿出しがなかなか、進まない嬉しい悲鳴。結局、干潮の9時30分までに22㎝~33㎝のカレイを15枚キープ。

 そうこうしているうちに女子大生たちが到着。おっかなびっくりで筏に上陸します。釣りは全員が初心者で、活きたエサを見るのも初めてといった方も・・。

チヌとカレイ、パートを分割せず、両方をそれぞれが体験するといったスタンス。

 この日はチヌ、カレイともに好調で「釣れる!釣れる!」なんと全員安打。

筏の上で黄色い声がはじけ、みんないい顔しています。私のテンションもグングン上昇、鼻の下が伸びまくりなのは言うまでもありません。

 結局、14時までにチヌ、カレイともに30枚ずつキャッチしてストップフィッシング。参加した女子大生からは

「釣りって楽しー」

「マジはまりそう!またいきたーい」と好評。

とっても疲れたけれど、彼女たちの笑顔に癒された1日でした。

 さて、江田島湾のチヌとカレイは3月~4月はさらに上向く見込み。今回は使用しませんでしたが、屋根付きやトイレ付きの筏もあります。船長に相談してみて下さい。

 当店では筏カレイ、チヌともに精通したスタッフが多く在籍。釣り方、釣果情報など、お気軽にお問い合わせください。じつは「釣れる秘密」があります。

 マルケン渡船・藤本船長

080-6326-5285

江田島湾・中田港から出船。

営業日、土、日、月曜日(出船は要相談)

今回の模様は3月5日発売のレジャーフィッシング4月号に掲載予定。