稲刈り前の短時間勝負!秋アオリのエギングin大田市仁摩町・松が鼻 - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 広島エリア/ブログ > 総本店/ブログ > 稲刈り前の短時間勝負!秋アオリのエギングin大田市仁摩町・松が鼻

稲刈り前の短時間勝負!秋アオリのエギングin大田市仁摩町・松が鼻

2018年09月22日

総本店


 

ここ最近、車で海岸線をドライブしていると、

道路端のシミが「墨跡」に見えてしまう

総本店・エギ担当・岡本です。

(エギング中毒患者あるある・・だと思います)

 

さて、私事で非常に恐縮ですが、

先日、9月18日(火)は希望でお休みを頂いておりました。

じつはこの日、浜田の実家の稲刈りと米俵の運搬作業を予定しており、

前夜までそのつもりでした前夜までは。

何気なく、天気予報を覗くと、

なんと!山陰地方「快晴、風速1m」

これは・・

「千載一遇のチャンス!行くしかないじゃろ・・」

エギングの神様が私の耳元でささやく声が聞こえたような気がします。

 

農作業前のエギング→疲れる→仕事に支障をきたす可能性・・

が脳裏をよぎりましたが、

「釣欲」が勝って、

気が付いたら、車にタックルを積んで、ハンドルを握っていました。

(当然、嫁からは「あんた!何、考えとるん!」とどやされる始末)

 

目指す場所は、前回の山陰エギングで訪れた、

「大田市仁摩町の松が鼻」

前回は8月下旬の入釣だったので、

新子の数は出たものの、サイズはいまひとつ。

9月18日(火)未明の3時、松が鼻の入口の「網屋漁港」に到着。

とりあえず夜明けまで仮眠・・

うとうとしていると5時頃から駐車場に釣人らしき車が次々と。

「こうしちゃおれん!」

すかさず飛び起きて釣りの準備。

ウエーダーにFベスト、

腰には渓流ビクの「変態エギングスタイル」に変身して気合十分。

タックルは、アジングロッド6・11ft、小型スピニング2000番、

PE0・3号、リーダー1号70㎝、エギは2号~2・5号。

といっても夜明け前の闇地磯に1人で歩く勇気などなく、漁港付け根のガラ藻帯をチェック。

水深1mぐらいのドシャローに常夜灯が絡むポイントで、

マズメにベイトを捕食するため浅場を回遊しているであろうアオリを狙い撃つ作戦。

答えはすぐに出ます。1投目、エギが着水して表層をチョンチョンしていると、

ティップをグーンと明確に引っ張る引き。幸先よく胴長18㎝をゲット。

セカンドキャストでも同型を取り込んで「マジ高活性!」

誰でも釣れる状況にひとりほくそ笑みます。

マズメパワーの恩恵か約30分で胴長15㎝~18㎝を5杯ものにして、

本命ポイントの松が鼻へ。

海岸伝いにゴロ石浜を約20分歩くと鼻の西側の磯場、

そこから崖をよじ登ると

眼下に日本海らしい水平線が広がる巨大パノラマが見えてきます。

(この険しい崖を登ると釣場。(ロープあり)

足元がぬかるんでおり非常に滑りやすいので注意。)

案の定、ベタ凪!

最高のロケーションに気分よくエギング再開。

足元の小さなサラシは無視して、スリット状にくぼんだ波静かなプールを探るとビンゴ!

沈み瀬から飛び出したのは、まずまずの胴長20㎝。

このぐらいのサイズになるとエメラルドグリーンのアイシャドーと

エンペラの色素胞が煌めき妖艶な雰囲気を醸し出します。

その後は一帯をランガンして数を稼ぎます。

リリース前提のヤクルト級も混じりますが、コロッケ以上が大半の展開。

複数の新子アオリがエギを追いかける光景は少なく、

ときおり、2,3杯のチェイスがある程度。

8時30分納竿。

当日の釣果は総ヒット数が18杯、キープは胴長14㎝~20㎝が12杯。

この先、秋が深まるにつれ、数は徐々に減るけれど、

サイズはひとまわり大きくなった型が出る見込み。

10月中旬ごろには800gからキロアップも出そう。

(この頃になると夜釣りに分がある)

 

さて、エギング・シーズンたけなわ。

総本店では、人気のロッド、リールを始め、

エギはもちろん、専用バックやイカ締め等の小物など、

エギング関連用品が充実!

各地の釣場に精通したスタッフや

船のティップランが得意なメンバーも多く在籍しています。

エギングのことなら総本店へ。

スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

PS・ちなみに、農作業はモンスターエナジーを飲んで、

何とかハイテンションで乗り切りました。