ロケーション最高!鹿島南岸にキス釣りの穴場あり! - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 広島エリア/ブログ > 総本店/ブログ > ロケーション最高!鹿島南岸にキス釣りの穴場あり!

ロケーション最高!鹿島南岸にキス釣りの穴場あり!

2018年07月03日

総本店

本日、未明のW杯ベルギー戦を見て、

目頭が熱くなった方も多いのではないでしょうか。

 

世界ランキング3位の赤い悪魔に対して、

原口選手、乾選手の2ゴールで69分まで2点リード。

ベルギーのカウンターに3-2で敗れるも、

最後まであきらめることなく攻める姿勢に、

記憶に残る最高にエキサイティングな試合でした。

歴史的・激闘に感動をありがとう!

われらの誇り「サムライブルー」

 

思わず興奮して、あっ、申し遅れました、総本店の[キスハンター]・岡本です。

 

さて、今回、紹介するポイントは鹿島・宮の口南海岸

鹿島って、実は歩いて南側に出れるんです。

(道幅が狭いので、車通行は不可能)

宮の口集落の『コカコーラの自販機』わきの小道を5分ほど歩くと

風光明媚な海岸が現れます。

 

海岸は遊歩道となっており、小磯とサーフが連続する地形が約1㎞。

晴れた日には爽快感マックス!

瀬戸内の多島美が広がる大パノラマを眺めながら、

釣りに興ずることができるロケーション抜群のポイント。

一帯は羽山島との水道に面しており、潮通しはピカイチ。

フカセのチヌに始まり、夜釣りでメバル、投げ釣りの真鯛やキス、

秋にはエギングのアオリイカ、ハマチのショアジギングも楽しめる魚種豊富なエリア。

今回のターゲットは、投げ釣りの「キス」

 

釣行日は7月2日(月)(中潮・満潮11時44分)

スタッフは当店の脱力系芸人・門田さんと私の2人。

入釣は早朝6時30分、まずはイリコの乾燥工場があるサーフから探索。

タックルは道糸PE0.8号、テーパー力糸2号~8号、改良天秤にフロートシンカー27号、

自作砂ズリ8号40㎝、幹糸1.5号、エダス0.8号、鈎はメバル7号の3本針仕掛け。

 

ここで、メバル?って、思われた方もいらっしゃるでしょうが、

このポイント、足元から20m沖付近まで、ガラ藻が密生しており、

ヒットしたキスが藻に取られることも想定して、

バラシ対策に針のふところが広いメバル針を選択した次第です。

 

(この針だと帯状のガラ藻の中を、多少、強引にリールを巻いてもバラシが減ります。

そのかわり、一般的なキス針と比較して、喰い込みが悪いので、

遊動天秤を活用して、ティップをしっかり送り込む必要性があります)

 

 

 

第一投は同45分、100m沖に仕掛けを投入して1色さびいたところで

竿先に「ガガン・・」と激震

まずは私に20㎝と17㎝の本命ダブル。幸先のいいスタートに気を良くします。

次の1投でも同型のダブルでご満悦。

マズメのボーナスタイムで忙しくしているとき、門田さんの方をぱっと見ると、

「たぶん、でかいっす・・」

と真剣な表情でリーリング中。

ガラ藻付近で天秤が見えたところで、

竿先をさらに高く掲げてラインを回収します。

澄んだ海面にパールピンクが躍り、

取り込んだところでメジャーを充てると23㎝の良型。

「竿先が一気に引っ張り込まれました!」

と興奮気味の門田さん。

 

(腰巻きタイプのライフジャケットを着用)

 

 

7時30分を過ぎると、潮の流れが散漫になったからか、

本命からのラブコールは減って、

代わりにべラや小鯛、穴ハゼなど、外道のオンパレード。

そこで、サーフは諦めて、遊歩道を探り歩く作戦にチェンジ。

一帯でキャストを繰り返すものの、ポツリポツリ、本命を追加する展開。

暑さに耐えきれなくなった、9時30分、ストップフィッシング。

私の釣果は15㎝~20㎝のキスが8匹。

釣果はいまひとつでしたが、

それ以上にウグイスのBGMを聞きながら、

景色に癒される非日常に満足した1日でした。

(あとで思い出したのですが、昨年、同時期、このポイントでキスが爆釣したときは、

小潮で午前中の引き潮を攻めたことを付け加えておきます。)

20㎝クラスの良型キスがよく出るのは、

梅雨明けまで。

その後は、ピンギスが多く混じるようになると予想されるので、

釣行はお早目に。