果たして結果や如何に - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

果たして結果や如何に

2017年09月07日

商工センター店

このまま暑い日が続くのかと思いきや、

以外にも涼しくなってきた今日この頃、

皆様、体調は崩されていないでしょうか?

今日も元気に林がお送り致します。

 

先日、第二回BKカップが開催されました。

私がこの日の為に釣行を続けてきた事はご存知だと思います。

早朝4時、決戦の地、弥栄ダムへ。

4時30分、続々メンバーが到着します。

雨の中、開会式を済ませ、菅原大会委員長の号令でスタート。

 

ある程度は減水していると思いながら白滝方面へ。

が、全く水が無い。しかも先客が3組も居る。

しばらく見ていたが自分の腕では無理と判断し、水深のあるエリアへ。

 

弥栄大橋手前の所を左に入り、歩いて釣場へ。

水深がある為、ノーシンカーでは時間が掛かり過ぎてタイムロスに。

手返し良く釣る為にゴム張りガン玉3Bを1個フックの側に打って探ります。

が、反応が悪い。打つ場所をずらしながらベストを探します。

フックから50cm離れた所が1番反応良い。

ここから怒涛の4連チャン。しか~し、キャッチは1本のみ。

36.5cm

やばい。あれだけ通ったのに1本では恥ずかしい。

これも減水の影響なのか?

とにかく最低でもあと2本欲しい。

この後5回掛けるもキャッチは1本。

28cm

10時に納竿。結果は2本。

・・・やっちまったな。

全て姿は見たのだがキャッチできない腕を悔やむ・・・

結果は大会委員長のブログを楽しみにしていてください。

 

以上、エサ釣り大好きの林がお送り致しました。