プレシーズンのメバル探査!in倉橋島・早瀬の鳥が首の波止 - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 広島エリア/ブログ > 総本店/ブログ > プレシーズンのメバル探査!in倉橋島・早瀬の鳥が首の波止

プレシーズンのメバル探査!in倉橋島・早瀬の鳥が首の波止

2018年11月06日

総本店



皆さん、突然ですが、仕事帰りの「ちょい釣り」って、

どれぐらいの釣行範囲が定義だと思います?(当然、次の日勤務が前提です)

仕事場から約30分圏内ぐらいまでかな・・
と勝手に考えるのですが、変態である私は違います。
片道3時間ぐらいまでが概ねの限界距離。


じつは先日、ちょい釣りで深夜
島根県大田市の闇磯までエギングに出かけていた
総本店・エギング担当・岡本です。
(断崖絶壁の地磯を渡り歩く
あまりの過酷なロッククライミングに
本気で死兆星が見えかけ、見事完ホゲでした)

今回はそんな「ちょい釣り」のお話しです。

釣行日は11月5日(月)
(中潮・干潮・1時46分)
同行は当店の古本さん。


今回のお題は

「メバル接岸の動向探査」


選んだポイントは

「倉橋島・早瀬の鳥が首の波止」


今秋は高水温の傾向・・。

ならば流れがあって、比較的水温が低いところがメバルの接岸が早いはず・・

という読みで、

水道筋に位置する、このポイントの選択。


例年、11月の声を聞くと他よりも早く、

メバルの便りが届き始める釣場です。


総本店から車で約1時間。

これぐらいの移動距離だったら朝飯前です。


入釣は干潮前の深夜0時。


釣り方は
胴付き仕掛けの探り釣り

エサはモエビ。



タックルセットができた2人は、同15分、第1投。

仕掛けを振り込んでオモリが着底した瞬間、
私の竿先をクイッと引き込むアタリ。

私が「きたよー」と言うが早いか、「こっちも当たりましたー」と古本さん。
ほぼ同時に取り込んだメバルは、いずれも16㎝。



幸先のいいスタートに2人のテンションは急上昇。


しかし、干底間際で潮の動きが散漫なことが原因か、

その後、メバルからのラブコールは散発的。

忘れたころにポツリポツリ、本命を追加します。


じつは、この波止、外側の捨て石の落ち込みが急角度で、

釣りの最中、度重なる根掛かりに悪戦苦闘。

(しかも捨て石際でアタリが集中する傾向で、

これも根掛かり頻発の要因です)


1時30分を過ぎると、完全に潮が止まって、

メバルではなくカサゴをキャッチ。

20㎝の良型なのですが、メバルが釣りたい私は素直に喜べない展開。




フィナーレは潮が満ちに転じた、2時過ぎ。


竿先の曲がりとオモリから伝わるじわりと重い感触から、

底潮が動き始めたことを確信した途端、

ティップを一気にひったくるような引き。


合わせると結構な重量感が竿を通して手元に伝わります。

足元まで慎重に寄せて、最後は一気にごぼう抜き。

メジャーを充てると20㎝。




この1匹で、タイムアップ。


じつはこの釣場、満ち潮が時合で、

これから・・というタイミング。

後ろ髪を引かれる思いで釣場を後にしました。


今期は高水温の影響か、例年と比べて、

メバルの接岸がやや遅れ気味・・

と感じた今回の釣行でした。


収穫といえば、

アジングに25㎝級のアジが連発していたことに立ち会えたこと。

(1時間で5,6匹出ていました)

この先、メバルは水温の低下に伴い、徐々に上向く見込み。

アジもしばらくの間、釣れ続きそうです。