鹿児島バスフィールドの現在状況! 鹿児島城南店 - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 南九州エリア/ブログ > 鹿児島城南店/ブログ > 鹿児島バスフィールドの現在状況! 鹿児島城南店

鹿児島バスフィールドの現在状況! 鹿児島城南店

2018年09月20日

鹿児島城南店

 

 

どうも!治まっていたはずのバス欲が復活しつつある入舟です★

夜勤明けで爆睡中の私に電話を掛けてきた当店スタッフの梶本君より

『せっかくバス釣り行ってるんだから釣場の状況とかブログで書いてみなよ!』

っていう要望をもらったので、大した事は書けませんが

私なりに釣場の現在状況と釣果情報を織り交ぜながらブログを書きたいと思います!

ここ最近足を運んだのは鹿児島のメジャーバスフィールド

薩摩湖・住吉池・竹山ダムの三カ所

残暑厳しい中釣りして来ました。暑い暑い。

 

IMG_3350

 

まず薩摩湖はというと水はこんな感じで水位は相変わらず少なく全体青緑色しておりました。

水質も悪いのか透明度はかなり低いです。

やはり今年の暑さは厳しいか水温高いか岸際にギルがポツポツとおりますがやたら少なく感じます。

皆深場へ行ってしまったかってぐらいバスの気配は少なめでした。

とりあえず安打は打ちたいので初っ端からスピニングのライトリグを隅々まで通しますが反応無し

というよりも暑さでスローな釣りに対して集中力が持たない!

タックルを変更し遠投をして沖を狙うも全く反応は無しで例年数釣れていたポイントだけに

これだけ反応が無いのは正直かなりしんどい状況でした!

 

IMG_3348

 

最後の希望。岸際に厚めのカバーが少しだけ残っていたので対してスティックベイトの直リグをセットし

バスに警戒されたくないのでロングロッドを使い少し後方に立ち距離をおいた所からゆっくりと落とし込んで行きます。

民家前のインレット絡みのカバーに打ち込んだ所、バスが残ってくれていたかラインが走ります!

よし来たよ!って上がって来たのは25cm程。フッキングと同時に飛んできました。笑

釣行ブログならもっとマシなサイズを釣って載せたかったのですがこの1本を獲るのも苦労してしまいました。

先行者の方のお話だとここ暫くは釣果自体が減りサイズも依然小さい物ばかりだという事で

厳しい状況が続いているそうです。

今回は正午前後のエントリーだったので次回はしっかりと時間を用意し魚が差してきそうな

マズメ時、暗がりのタイミングを選ぼうと思います。

 

IMG_3359

 

2カ所目の住吉池はというとパノラマ写真で分かりにくいかもしれませんがご覧のとおり大減水しております。

住吉池の秋の減水は毎年恒例ではありますが今年の減水模様は去年よりはるかに凄い

気を付けて歩けば普段は回れない場所まで歩いて行く事が可能です。

水質はという透明度も高く非常にクリアな状態で周辺のボトムの状況が良く分かる感じでした。

時折良型バスの回遊もあり釣果は期待できそう!

まず湖でキャストする前にアウトレット下の水路をチェックします。

 

IMG_3358

 

水の排出量が多いのかいつも以上に流れが強くなっていました。

じーっと見ているとその流れにバスがチラホラ着いているみたいで流れが効いているならコレだと

ショートロッドにエバーグリーン プロップマジック75を装着し流しこみます。するとバコン!

岩の間から元気良く出て来ました!

っていっても25cmくらい。。。中々サイズに恵まれません!

このバスを掛けた際触発されたか良型が姿を現しすかさずルアーを送りますが時既に遅し。。。

湖の方で安打を打とうと粘りましたが時間切れ。悔しいのでリベンジしたいと思います!

 

IMG_3330

 

IMG_3284

 

最後の竹山ダムはこんな感じで、住吉池同様の大減水をしておりました。満水時は1つ目のブレイクラインに

なる場所が陸地になってそこから投げる感じです。

岸際にブルーギルやカワムツ等のベイトは非常に多いもののバスの気配は皆無に等しい状態でした。

満水時は岸際に着き易い変化が沢山あるもののそれが全て陸になってしまったので水位がさがった現状では

魚が付き難いのでしょうか。

沖のボトムへロングロッドを活用したヘビーキャロライナリグで投げ込みます。

しかしダムサイトや中央部ではバスの反応は貰えなく、鮮度の高い水が流れ込むからまだ可能性はあるのではと思い

ダムの上流部へ移動します。

ダムサイトに比べダムの上流部は根掛かりが少なく、引っかかり易いヘビキャロも容易に投げ込めます。

 

IMG_3283

 

IMG_3338

 

それが功を制したか竹山ダムの上流部では連日良型の釣果を出す事が出来ました。

アタリ自体は地味な物が多く、暑さを避けボトムでじっとしている様な個体が多い様な気がします!

天候や時間の影響もあるとは思いますが、日中はダムの上流部・沖のボトムをゆっくりと探るのが

一番安打を打つ方法かもしれません!

 

今回ここ暫くの鹿児島バスフィールドについてブログを書かせて頂きましたが、また釣場に出向いた際は

ブログを書きたいと思います!

また当店のバサーは約5名おりますのでご不明な店は当店のバサーまで!

以上城南店からでした!

 

城南店 099-239-1191