シーズン終盤の筏カレイ&週末エギング・イベントのお知らせ! - かめや釣具株式会社|ホームページ

採用情報 かめや釣具は、ファイトある貴方のチカラを求めています。

かめや釣具ホーム > スタッフブログ > 広島エリア/ブログ > 総本店/ブログ > シーズン終盤の筏カレイ&週末エギング・イベントのお知らせ!

シーズン終盤の筏カレイ&週末エギング・イベントのお知らせ!

2018年05月08日

総本店


 

昨日はお休みを頂いていたのですが、

GWの連勤で一日中、死んだように寝ていた

総本店・岡本です。

 

さて、広島湾周辺の筏カレイ・シーズンも終盤。

 

今期の動向を総括してみると、「東高西低」の釣況でした。

本来、ピークを迎えるはずの3月~4月に湾内の島しょ部や

江田島周辺は場所ムラが激しい展開。

 

市内6河川からの雪シロが水温を一気に下げ、

魚の活性が著しく低下したのが原因というのが大筋の見解。

 

いっぽう、倉橋島・奥の内湾だけは別格

 

雪シロの影響を受けることなく、カレイの釣果は順調に推移。

(付近に大きな河川がなく、流域面積が乏しい広大川のみ)

 

同湾ではシーズン終盤のこの時期にも釣果が出ています。

 

今回は私の大学時代の友人、三戸偉樹さんが釣行した模様を岡本がお伝えいたします。

 

 

釣行日は5月6日(日)(中潮・満潮12時49分)

降りた筏は奥の内湾の岸寄り。

水深は約10mの浅場。用意した竿数は14本。

 

釣り方は定番の「カゴ仕掛けのぶっこみスタイル」

サシエは本虫と青虫をセットして、

カゴには「カレイ専用マキエ」をダンゴ状に握って詰めます。

 

当日は明確な時合はなく、退屈しない程度にポツポツ、カレイが釣れるパターン。

 

型も手のひらクラス、もしくは30㎝級の肉厚マコと両極端なサイズ展開。

 

 

結局、13時までに18㎝~33㎝のカレイを13枚ゲットして終了。

 

この調子だと、もうしばらくの間、カレイが釣れ続きそうです。

(船長の話だと、この時期、タイ虫のエサに50㎝級のマダイも出るとか・・)

 

渡船・倉橋マリンパーク・藤本船長様

090-3881-7096(倉橋島・長谷港から出船)

 

 

そして、ここでお知らせ。

今週末、エギングのイベントを開催致します。

 

 

「春イカを釣ろう!カンジ・エギングセミナー」

と題して、

 

山陰で絶大な人気エギ・プロスペックで有名な

カンジインターナショナル・小濵代表

 

同社とオーナー社のテスター・オカピーこと、

岡隆之氏をお招きして

 

トークイベントを開催致します。

 

 

5月12日(土)商工センター店

同13日(日)総本店

 

予定時間は11時~17時(セミナー開催時間14時~)

展示会、トークショー、じゃんけん大会と内容盛りだくさん!

 

プロスペックとオーナー・ドロー4の効果的な使い方などを聞けるチャンス!

 

ふるってご参加下さい!

 

 

さらに広島エリア(総本店・商工センター店・八木店・三次店)では

6月30日(土)まで、

「4店舗合同・アオリイカダービー」を開催中です。

 

 

釣方はエギング・ヤエン釣りで、対象魚はもちろんアオリイカ。

 

重量にて順位を決定いたします。(更新は何度でも可能)

 

参加費は500円。

 

釣ったアオリイカを最寄りの店舖までお持ち込み下さい。

 

ご参加お待ちしております。