釣りの基本~まずはここからはじめよう~初心者の方にも分かりやすく「釣りの基本」を学んでいただけます。

釣りの種類(仕掛け)

釣りには一般的な投げ釣りやサビキ釣りの他に、エギと呼ばれるエサに似せた疑似餌でイカを釣るエギングやジギング、ルアーなど様々な種類があり、釣りたい魚によって変える必要があります。
ここでは人気の釣りの種類を紹介します。

  • 投げ釣り
  • サビキ釣り
  • エギング

初心者からベテランまで人気の高い投げ釣り。

基本的に天秤と2~3本の多点バリ仕掛けを使う。
天秤の役目は仕掛けをより遠くへ飛ばし、絡みにくくすること。
さあ、勢い良く『ブンッ!』と投げてみよう!!

対象魚
キス/カレイ/ベラ/ハゼ/アイナメ/イシモチ

投げ釣りの仕掛け


竿長さ4m程度、オモリ負荷25号~30号程度の投げ釣り専用ロッド。並継式と振出式がありますが、最初は振出式を選びましょう。
仕掛け市販の仕掛けが便利です。対象魚に合わせて選びましょう。
天秤はジェット天秤や海藻天秤を使用。ジェット天秤の方が根掛かりしにくいのでおすすめです。

投げ釣りの醍醐味は思いきり投げ込んだ時の爽快感!
仕掛けを投げ込んだら、後はアタリを待つだけののんびり釣りなのでファミリーにおすすめです。
日中ももちろん釣れますが、朝夕マヅメを狙うと短時間で特に良い釣果が得られます。
竿は、周りの安全を確認してから投げましょう!

キスを狙う

キス キス釣りの仕掛け
ゆっくり引いて釣る
  • 仕掛けは投入後、リールをゆっくり巻きながら海底を探ってみよう!
    キスのアタリは鮮明!手元にブルブルッと伝わります。
  • 固定式天秤使用の場合、アワセは不要です。少し待って、そのままリールを巻き続ければ2匹、3匹…と追い喰いしてきます。
  • エサは海ゴカイや青虫、チロリを使用。キスはやわらかいエサを好みます。

カレイを狙う

カレイ釣りの仕掛け
カレイの投げ仕掛け
  • 産卵のために冬場接岸してくるので、産卵直後の食欲旺盛期が狙い目。
  • エサは青虫や海ゴカイ。エサは大きめにつけよう。
  • 投げた後、置き竿にしてアタリを待とう。時々仕掛けを動かして誘いを掛ける。カレイは赤いものや派手な色を好む習性があるので、赤い針を使うと爆釣かも!?
  • 竿を2~3本出すと期待できる。

ファミリーフィッシングといえば「サビキ釣り」

シンプルな仕掛けで大人から子どもまで大人気。
カゴの中にアミエサで魚を寄せ、似せて作った疑餌針で回遊魚を狙います。
青虫や本虫といった活きエサを使わないので、虫が苦手な方も手軽にチャレンジできます。

対象魚
アジ/イワシ/サバ/メバル/ワカシ
サビキ釣りの仕掛け
竿磯竿1.5~2号、4.5~5.3mがおすすめです。波止竿や万能竿でもOK。竿は固め、穂先は柔らかめが良いでしょう。
リール小型スピニングリール2000番
仕掛け市販のサビキ仕掛が便利です。対象魚に合わせて選びましょう。
サビキは薄いビニールのスキンタイプ(白・ピンク系)・魚皮タイプ(サバやハゲ)があります。
豆アジ3~5号、小アジ5~7号、それ以上ならもう少し大きめを選びましょう。針の数は6本。
エサ冷凍アミエビ(レンガ)。事前に解凍しておきましょう。
その他杓:カゴにアミエビを詰める時に手が汚れない。
バケツ:アミエビを入れるためのものと手洗い用が必要
一度にたくさん釣れて楽しいっ!!
  1. 解凍したアミエビをカゴに詰め、海の中にゆっくり下ろし、竿を振りアミコマセの煙幕を作り、仕掛けを入れアタリを待ちます!
  2. アタリがあったらゆっくり上げましょう。別の針に次々と喰いつくことがありますよ。

初夏~秋の朝夕が狙い目です。
終わった後はアミエビで汚れた地面にバケツで水を流してきれいにしてから帰りましょう!

最近大人気の「エギング」

エギングとはエギ(餌木)と呼ばれるエビに似せて作られた擬似餌でイカを狙う釣りです。
イカがエギに抱きついてくる面白い釣りです。

対象魚
イカ(アオリイカ/コウイカ/アカイカ)など
エギングの仕掛け
竿エギング専用ロッド7.6ft~8.6ft/2.5~3m位
リール小型スピニングリール
仕掛けPEライン0.8~1.5号、リーダーカーボン1.5~2.5号が良いでしょう。
糸(ライン)とエギをつなぐエギ用スナップもお忘れなく!
エギカラー:ピンク系やオレンジ系が基本です。まれにダークカラーにも反応するので1本は持って行きましょう。
サイズ:春は3.5号、秋は2.5~3.5号が良いでしょう。
その他イカ締め器:鮮度を保つため、その場で締めましょう。
イカ用ギャフ:イカを陸に取り込む為の棒で先端がカギバリ状になっている。
エギケース:エギの収納や持ち運びに便利。
サイズ狙いなら春! 数狙いなら秋!

<釣り方>

  1. エギを沈め、着底させる。
  2. 竿を大きく振り上げてエギを海底から跳ね上げる。
  3. 素早く糸ふけを取り、ラインを張ったまま、エギを沈める。(2~3を繰り返す)
  4. カケアガリ(深場から浅場の方へ向かっての斜面)はシャクリのピッチを小さく足元まで気を抜いてはダメ。

  • 近場の堤防などに行き、イカスミ跡を探しましょう。そこが釣れている証拠です。また、潮通しの良い堤防の先端がおすすめです。
  • 春は大型が狙えますが、初心者には秋がおすすめです。秋は春~初夏に生まれた新子が多く釣りやすくなっています。