釣りの基本~まずはここからはじめよう~初心者の方にも分かりやすく「釣りの基本」を学んでいただけます。

釣り道具

釣りに出かける時には、竿やリール、仕掛けなど直接魚を釣るための道具だけでなく、欠かせない道具があります。初めは何を持って行けば良いのかわからないと思いますので、下の表を参考にしてください。
何が必要かは自分次第!
工夫するのもおもしろさのひとつです。

1.これが無きゃはじまらない!
<竿>釣り場や狙う魚により使い分ける必要があります。
一般的な素材は竹やカーボン、グラス。始めは安くて丈夫なグラスがおすすめです。
<リール>スピニングリールとベイトリールが主です。初めてのリールは簡単に投げれるスピニングリールを選びましょう。
<糸(ライン)>リールから仕掛けまでの「道糸」とハリを結ぶ「ハリス」と呼ばれる糸を使います。
<サルカン、スナップ>「サルカン」は糸と糸を結び、糸のヨリを取る役目もします。ヨリモドシやスイベルともいいます。
「スナップ」は仕掛けと糸を接続するためのものです。
<針>こちらもたくさんの種類があります。
よく使われるのは「袖型」「流線」「丸セイゴ」です。
<エサ>エサについての詳しい解説はこちら。
2.これは持って行こう!
<クーラー&氷>必ず持って行って釣れた魚を入れておきましょう。
飲み物やエサを冷やすこともできます。
<ハサミ>仕掛け作りの必需品。
意外に忘れがちだけど必ず持って行きましょう。
<タオル>絶対あった方がいいです。手を拭いたり、魚をつかんだりするので汚れていいものを2~3枚持って行きましょう。
<バケツ>真水を入れて手洗い用に使ったりする。ロープ付でクシャッとつぶせてコンパクトになるものが便利。
<ゴミ袋>2~3枚持って行ってゴミを持ち帰りましょう。
3.あれば便利!
<針外し>飲み込まれた針を簡単に外すアイテム。
<メゴチバサミ>鋭い棘・歯や毒のある魚はこれでつかんで手を守りましょう。
<ピンオンリール>服に付け、よく使う物を引っ掛けておく。使う時に引っ張ればひもが伸びる仕組み。水中に落とす心配がありません!
<イス>座って釣れて楽ちん。
<偏光グラス>日差しから目を守る。また、水面下を見ることができる。
<小物入れ>ハリやスナップなどかさばる小さな物を入れます。
100円ショップに売っているアクセサリーケースでも使える。
<バッカン>コマセ(マキエ)や水を入れておくものですが、弁当や釣り具を収納するのにも使える。
ブーツ滑りにくく、防水・防寒に優れている。
4.夜釣りの必需品!
<ヘッドライト>頭に付けるライト。両手をふさがず釣りができる。
<ランタン>手元の作業がしやすく、周りを明るくする。アウトドア用でもOK。
<電気ウキ>暗い中でもアタリがわかる。棒ウキタイプが良いでしょう。
<ケミホタル>ウキに取り付けて使用。

釣りエサ

エサにもさまざまな種類があります。対象魚や釣り場に合ったエサを選びましょう。
一般的に使われるエサを紹介します。

エサの種類 対象魚
<本虫>投げ釣りの好エサとしてポピュラーな本虫。
遠投釣りでも効果あり。
  • カレイ
  • アイナメ
  • 大型キス など
<砂虫(ジャリメ)>キス・ハゼ釣り等で人気の活きエサ。
よく動くのでアピール度が高く、メバルにも効果的。
  • アジ
  • キス
  • メバル
  • ハゼ など
<青虫>全国的にポピュラーな青虫。
どんな魚も釣れる万能エサ。
  • キス
  • カレイ
  • アイナメ
  • スズキ
  • クロダイ など
<チロリ>遠投での大ギスを狙うならこちらがオススメ。
  • キス など
<本コウジ>大物狙いの投げ釣りや底物狙いの船釣りに最適。
  • カレイ
  • ヒラメ
  • チヌ
  • アイナメ など
<ユムシ>大物狙いの投げ釣りや底物狙いの船釣りに最適。
  • カレイ
  • ヒラメ
  • チヌ
  • アイナ など
<モエビ(シラサエビ)>冬場のメバル釣りに最適。
  • メバル
  • スズキ
  • クロダイ など
<タエビ(ブツエビ)>主にマキエとして使用。
メバル釣りのサシエ・マキエに効果的。
  • メバル
  • ガシラ など
<シラウオ>メバルの大好物。
  • メバル
  • カサゴ など
<カニ>チヌの落とし込みに最適。
  • チヌ
  • キビレ
  • イシダイ など